ウラジオストク

夏の海のバカンスとウラジオストク西部の3か国国境をめぐる冒険

今年は例年よりかなり暑い夏だったウラジオストクですが、海のバカンスの楽しみ方もいろいろのようです。

夏は海で遊ぼう! 無人島を訪ねるボートツアーをご案内します

8月中旬に休暇を取って近郊のビーチに泊まりがけで出かけたインスタグラマーのアンナさん からこんな便りが届きました。

「先週の木曜から日曜にかけて、ヴィチャジ(Витязь)というビーチの町を訪ねました。ヴィチャジはウラジオストクから南西に200㎞ほど離れたガモヴァ半島にある入り江のビーチです。

ヴィチャジとその隣町のアンドレエフカは海と山があってウラジオストクの人がよく休息にいく場所です。モルディブみたいに海がきれいで、周辺には景色の美しいテリャコフスコヴォ湾(бухта Теляковского)やガモヴァ岬の灯台(Маяк Гамова)があります。

海は青く、この時期波は穏やかです。貝殻でつくったオブジェがビーチに置かれていました。

ビーチでは波打ち際に牛たちがのんびり休んでいました。

古い帆船が廃船となって放置されていました。

夕暮れが近づくと、ビーチと空がほんのり赤く染まります。

この白いドームは昔の防空レーダードームの廃墟です。実はここは国境が近いので、あちらこちらに軍事施設が残されています。その多くは廃墟となっていますが、一部まだ使われている施設もあります。

私たちが泊まったのは、このようなシンプルな小屋でした。昔、子供の頃キッズキャンプで泊まった小屋に似た質素なものです。1泊は3600ルーブル(約5400円)で、部屋はトイレとシャワー付きです。

ここに来るのは2回目です。宿泊先はここ以外にもペンションや海の家のような施設もあり、予算によって選べます。サマーシーズンは短いので、これらの宿泊施設の料金はウラジオストク市内の3~4星のホテルと変わりません。

食事はウラジオストクで買いこんできた肉やハム、野菜、パンなどでBBQをしました。隣町のアンドレエフカにはスーパーがありますが、いつも行列ができています。朝ごはんはソーセージを焼き、カップヌードルを食べました。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール