ウラジオストク

黒澤明監督作品「デルス・ウザーラ」の撮影地、アルセーニエフは見どころいっぱい

ウラジオストクはロシア沿海地方の中心都市ですが、周辺にも見どころいっぱいの町がたくさんあります。そのひとつがアルセーニエフ(Арсеньев)です。

108日、ウラジオストクから北東に250kmほど離れたアルセーニエフで開催されたツーリズム会議に参加した日本海ブリッジ のウラジーミル・ルセンコさんが会議の様子や町の見どころについて解説してくれました。

「この会議では、アルセーニエフの観光ポテンシャルを高めることを目的に、地元の旅行会社やホテル、スキー場、市政府の関係者が意見を交換しました。ウラジオストクからは私のような旅行会社の人間だけでなく、ウラジオストク日本センターの関係者も出席していました。

アルセーニエフは人口約5万人の町ですが、軍事用ヘリコプター工場があり、多くの技術者や科学者が住んでいます。科学の町といってもいいでしょう。これはこの町の誇りです。

会議では、この町の魅力的な観光スポットがテーマになりました。

まずアルセーニエフにはスキー場があります。冬のシーズンはウラジオストクからも多くのスキー客が訪れます。スキー場の名前は「アルスゴラ(Арсгора)」といいます。

アルスゴラスキー場

それから、以前アヌチノ村のハチミツ祭りの話をお伝えしましたが、この町は豊かな自然に囲まれ、沿海地方でいちばんの牛乳工場があります。

菩提樹ハニーの里、アヌチノ村でハチミツ祭りが開かれました

そして、この町を世界に知らしめているのが、著名なロシア人探検家のウラジーミル・アルセーニエフの探検記録をもとにした黒澤明監督作品『デルス・ウザーラ(Дерсу Узала)』の撮影地であることです。

『デルス・ウザーラ』は1975年公開のソ連映画で、黒澤監督は1974527日から約1年かけてアルセーニエフで撮影しています。物語は、ロシア政府からシホテアリニ山脈のふもとの未開の地の地図を製作するよう命を受けたアルセーニエフが探検隊を率い、現地入りしたとき、森の中で偶然知り合った先住民族のナナイ人猟師のデルス・ウザーラとの交流を描いています。

私たち一行は、黒澤監督が宿泊したホテル「ガスチーニッツァ・タョシュナヤ(Гостиница Таёжная)」を訪ねました。ホテルの名前は「シベリアの森(タイガ)」が由来です。

ガスチーニッツァ・タョシュナヤ

黒澤監督が滞在した部屋を見学しました。

長期滞在用の部屋で、デスクや応接室などもあります。

部屋の壁にはいくつもの黒澤監督の写真が飾られています。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール