ハバロフスク

世界で最もアクセスしにくいアニワ灯台の廃墟の美に驚嘆する

サハリンにはフォトジェニックな灯台がたくさんあります。サハリン周辺の海域では、夏の時期、濃霧が発生しやすいので、船の航行の安全のために、灯台は不可欠な存在でした。海流の強さや多数の岩礁の存在が、古来多くの船を悩ませていたのです。

なかでもサハリン最南端のアニワ岬の先端にあるアニワ灯台(Маяк Анива)は、対岸の北海道稚内市からそう遠くない場所にありますが、実際には「世界で最もアクセスしにくい灯台のひとつ」といわれます。

アニワ灯台は宗谷海峡を見渡す岩の上に建っています。すでに現役の灯台ではありませんが、その孤高の姿は、岩礁と一体化し、まるで生き物のようにも見えます。この驚くべき景観は、廃墟の美学を厳かに体現しています。

アニワ灯台はサハリンを代表する奇観のひとつであり、現地の観光局は以下のプロモーションビデオを制作しています。まずはご覧ください。

 
どうですか。行ってみたくなりませんか。ユジノサハリンスクにある地元旅行会社は、次のようなアニワ灯台を訪ねる日帰りのエクスカーションツアーを企画催行しています。

スケジュールは以下のようなものです。

AM8:00>>

ユジノサハリンスクから車で南へ出発。アニワ灯台に行くボートが出るノビコヴォ村に向かいます。距離は約120km、所要約2時間です。途中、2018年まで稚内との定期航路のあった港町のコルサコフを通過します。

その後、ロシアの天然ガス液化プラントがあるプリゴロドノエ港を抜け、アニワ湾を臨みながら車は走ります。

AM10:00>>

ノビコヴォ村到着。ボートに乗り込み、アニワ灯台に向かいます。距離は40kmほどです。道中、滝が落ちる美しい岩の近くで一時停泊します。その海域では、イルカやシャチ、アシカ、アザラシなどの海洋哺乳類の姿を見ることができるでしょう。

PM12:00>>

アニワ灯台に到着。

(写真・動画提供/サハリン観光局)

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール