ハバロフスク

極東のユダヤ自治州、ビロビジャンへの日帰りツアーを紹介します

ハバロフスクから西へ約150kmの場所にユダヤ自治州の州都ビロビジャン(Биробиджан)という町があります。

ユダヤ自治州はソ連時代に政府がユダヤ人の居住地として定めた地域です。市内にはシナゴーグ(ユダヤ教会)やユダヤ民族の歴史を伝えるユダヤコミュニティセンター「フレイド」、郷土博物館などがあります。

ハバロフスクの旅行会社、ダリゲオツアー では、現地発ビロビジャンへの日帰りツアーを企画催行しています。

ハバロフスクからシベリア横断鉄道に乗って約2時間半でビロビジャン駅に到着します。現地ではユダヤ人ガイドが出迎えてくれ、このユニークな町の歴史を解説しながら案内してくれます。

訪問先は以下のようなスポットです。

まず1912年にシベリア横断鉄道の駅として建設されたビロビジャン駅です(当時は名前が違いました)。ホーム側にロシア語とイディッシュ語の駅名が併記されているのが特徴です。

杉原千畝が発給した「命のビザ」によりヨーロッパ在住のユダヤ人たちがロシア経由で日本に逃れる際にビロビジャンを通ったことから、2017年9月、駅に杉原千畝記念プレートが設置されています。

杉原千畝の記念プレートがあるビロビジャン駅など、ハバロフスク近郊の鉄道駅4選

そして、駅前の広場。中心に立つユダヤ特有の7枝からなる燭台のメノラー(מְנֹרָה)は、ビロビジャン創建65周年に建てられたものです。

馬車を引いてこの町に最初に来たユダヤ人入植者の記念像(Первым еврейским переселенцам)も同じ広場にあります。

この町の観光のハイライトは、ユダヤ人協会「フレイド」(Община Фрейд)とユダヤ教礼拝堂(ナゴーグ)です。

1997年に創設されたフレイドは、自治州に住むユダヤ人の文化センターです。ユダヤ人文化を紹介し、海外のユダヤ人組織との交流を促進させるなど、幅広く活動しています。ユダヤの伝統的な祭りはここで行われ、数年おきにユダヤ音楽と踊りの国際フェスティバルが催されます。

建物の入口にユダヤ教の行事で用いられる角笛のショファーを吹く聖職者ラビの像が立ち、前庭にはホロコーストの慰霊碑があります。

シナゴーグには博物館(Музею синагоги) が併設されていて、ビロビジャンにおけるユダヤ文化や歴史的な文献、資料などを展示しています。

ビロビジャンは数時間で歩いて回れるくらいの小さな町です。駅からまっすぐ伸びた通りの先にレーニン広場があり、その先にビラ川が流れています。この川は全長261kmに及ぶアムール川の支流で、ビロビジャンという地名はこの川に由来しています。

このツアーでは、ユダヤ料理のランチを体験します。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール