ハバロフスク

サハリンにはウォトカに合うシーフードつまみがいっぱい

ロシアの代表的なアルコールといえば、ウォトカでしょう。ロシアや北欧など寒冷な地域で親しまれる蒸留酒で、原材料はライ麦や大麦、ジャガイモなどの穀類です。

ほぼ無味無臭で無色の酒とされますが、度数が40度以上と強いため、日本ではカクテルなどのスピリッツとして飲まれることが多いですよね。ところが、ロシアに行くと、なぜかおいしくストレートで飲めてしまうのです。今回はサハリンのウォトカと絶品つまみについて紹介しましょう。

ロシア人と一緒にウォトカを飲むとき、彼らは瓶ごと冷凍庫で2~3日ギンギンに冷やしてからショットグラスに注ぎます。アルコール度数が高いため、水のように凍ることもシャーベット状になることもありません。

好みでレモンやライムの薄切り、ときには荒塩を舐めつつ一気に口に含むと、トロリとした口どけがさわやかで新鮮です。昔はボトルを雪の中に埋めて冷やしたのだそうです。

とはいえ、彼らにならって調子よくショットグラスを何倍もくいっと飲み干していては、こちらの身体がもちません。欠かせないのが、「ザクースカ」と呼ばれるロシアの酒のつまみでしょう。

ザクースカは本来、前菜の意味ですが、酒のつまみや軽食など全般をさしていて、これがウオッカによく合うんです。海外に行くと、その土地の酒がおいしく飲めるのは、つまみのおかげだと思います。

サハリンのレストランでは、酒飲みを喜ばせるザクースカのメニューが多いです。

たとえば、肉厚にカットした新鮮なスモークサーモン。一見刺身風ですが、ほどよい塩味が酒に合います。

白身魚のソテーもレストランの定番メニューです。ホクホクの白身がこれまた酒に合います。

ほかにもよくあるのが、ニシンの酢漬けの「セリョトカ」。タマネギの輪切りや茹でたジャガイモを添えて出すことが多いようです。ウォトカにニシンとジャガイモという組み合わせは伝統的な酒飲みの定番セットだそう。

ロシア料理の味つけは基本マイルドで、特に冷菜は素材の味をそのまま引き出す淡白なものが多いので、これがすっきりした飲み口のウォトカに合うのでしょう。これは日本人好みといえます。

日本酒のあてなら塩辛ですが、ウォトカのあてとなれば、イクラでしょうか。サハリンでは市場に行くと、新鮮なイクラがパックで安価に売られています。

ロシアでは、小さく切ったパンの上にキャビアやイクラをのせてよく食べます。レストランでは、砕いた氷の上にキャビアやイクラの入った容器を入れたまま冷やして出すこともあります。こんなシーフードつまみがたくさんあれば、日本では飲みなれないウォトカも十分楽しめると思います。

市内のリカーショップや食材店(ロシアではマガジンと呼ぶ)に行くと、数多くの銘柄のウォトカのボトルが並んでいます。なんでもロシアには5000種もの銘柄があるというほどです。

なかでも広く知られる銘柄のひとつが、サンクトペテルブルク産の「ルースキー・スタンダルト」でしょう。

また極東ロシア・シベリアの地元銘柄といえば、シベリアのハスキー犬の名を冠した「ハスキー」や白樺という名の「ベリョーザ」でしょうか。

これは「ハスキー」。ボトルに烙印された犬の足跡が目印です。

これは「ベリョーザ」で、白樺の意味ですが、18世紀後半、白樺の活性炭でウォトカを濾過する製法が開発され、ロシアのウォトカが誕生したそうです。

おみやげには、マトリョーシカ柄のボトルというのもあります。

これらのウォトカは11000円程度で買えるので、ホテルに戻ってからの旅の同伴者と部屋飲みしてもいいでしょう。これが楽しいんです。

その場合、つまみはどうするか。マガジンやスーパーでロシアらしいカニ味のポテトチップスや缶詰を買ってくるという手もあります。

でも、せっかくなら昼間のうちに見物がてら、市場に買いに行きませんか。

ユジノサハリンスク市内にはふたつの市場があります。ひとつはユジノサハリンスク駅からレーニン通りを南へ徒歩12分ほど歩いた先にあるテフニカ市場(Техником Рынок)です。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール