『日本文化イベントツアー』ヴェリキィノヴゴロド🇯🇵🇷🇺

時々、人々にもっと日本語を学ばせるために、日本文化についてのイベントにさまざまな人々を招待する必要があります!☺️🇯🇵
ヴェリキィノヴゴロドの街について知っている人はほとんどいません。これはロシアの最初の首都であり、ロシア文化の歴史的中心である小さな都市です。 そしてここで私はノヴゴロドの住民のために日本についての2つのイベントを開催しました。ノヴゴロドには日本語センターも、日本語の本も日本の店もありませんが、ここには日本を愛し、自分で日本語を学ぶロシア人がたくさんいます!✨

ヴェリキイノヴゴロドに到着するとすぐに、イベントを開催しました。街に誰もいないのに、たくさんの人が来てくれて、ノヴゴロドが愛情を込めて歓迎してくれたと感じました。

この街では誰も知りませんでした。でも、日本文化のイベントは絶対にここで開催されるべきだと確信していました。古くは、ここに記念碑が建てられたプティアティン提督とのつながりがありました。プティアティン提督は日本への遠征に出かけ、1855年にロシアと日本の間の友好貿易条約に調印しました。プティアティンはサンクトペテルブルクで生まれ育ちましたが、ノヴゴロドに住んでいました。私はプティアティンの記念碑の近くに立っていましたが、ここに来てノヴゴロドの人々に日本文化の講義という形で贈り物をすることができて光栄でした。

最初に1月29日に「人民大学」でイベントがありました。これは外国語コースの名前です。このセンターの人気の科目は英語とドイツ語です。12月に私のメッセージを受け取ったセンターのリーダーたちは私のイベントに非常に興味を持っていて、私たちはすべてに同意しました。ノヴゴロドは小さな都市であり、変わったイベントが開催される場合、ノヴゴロドテレビはそれを認識します。各都市には、イベントに関する独自のアイデアがあります。1月29日の夕方、ノヴゴロドの若者のために日本の歴史と文化についてのレッスンを行いました。私は生徒たちに日本語の挨拶を教えましたが、彼らはすでに日本語のフレーズをたくさん知っていたので、日本語のスラングも教えました。生徒たちは皆とても幸せで、これは市内で最初の日本のイベントだと言いました。ノヴゴロドのテレビは私の到着を知り、イベントに来てインタビューをしたいと言っていました。センターのリーダーたちは興奮していましたが、残念ながらテレビは来られませんでした。私にとっては、生徒の楽しみが大事だったので、日本語を学び、日本のお菓子を食べ、書道を始めました。各生徒は好きな漢字を選び、自分自身について、どのようにして日本について知ったかを話しました。

書道が終わって、日本の抹茶を注ぎ、浦島太郎についての古い日本の漫画をロシア語の字幕付きで日本語で上映しました。学生たちと知り合いになり、ノヴゴロドの人々とコミュニケーションをとることができてうれしかったです。2日後、クリエイティビティスペース「トチカ・キペニヤ」で次のイベントが行われました。私は会場をレンタルし、1月31日にノヴゴロドの人々に日本の歴史とステレオタイプについて講義しました。

ロシアでは、日本には固定観念が違うので、間違った固定観念を打ち破って真実を語るプレゼンテーションをしました。多くのロシア人は、日本人が毎日寿司を食べないことに驚いていました! 日本では、ロシア人は毎日ウォッカを飲むと思いますし、ロシアでは、日本人は毎日寿司を食べると思います😆
私の講義は非常に長く、2時間でした。しかし、ゲストは帰りたくなかったので、日本について、そしてどうやって日本に来ることができるかについて多くの質問をしました。実際、ノヴゴロドからもっと多くの人が私の講義に参加したいと思っていましたが、ワクチン接種を受けた人だけがイベントに参加できるという規則がありました。ロシアではワクチン接種を受けるのは非常に簡単で、毎日いつでも行うことができます。しかし、多くのロシア人はワクチンを受けたがらないので、イベントへの参加は厳格です。でも、たくさんの人が来て、とても楽しかったです。日本のお菓子も持ってきて抹茶を飲みました。日本の歴史について難しい質問をたくさんしてくれたロシア人の男性が一人いて、好奇心旺盛な人たちが来てくれてうれしかったです。

イベントが終わって、SNSを交換してお客さん同士が知り合いになっているのが見えました。私の目標は、イベントで人々を結びつけることでした。最後に、NICHIRO SEINENのプロジェクトの活動について話しました。

この街では誰もやっていないので、ゲストはもっと日本のイベントを求めました。2月1日には日本をテーマにした「60秒ゲーム」の第3弾が予定されていました。これは、クイズやコンテストの形で非常に楽しいローカルゲームです。ところが、2回目のイベント終了後、突然声が出なくなり、話せなくなりました。 ノヴゴロドの医者は、何度も続けて話すとき、私は声をかなり緊張させたと言いました、天気はまだ非常に寒かったです。声帯の炎症のため、ノヴゴロドとモスクワでのイベントをキャンセルしなければなりませんでした。声がなければ何もできませんでした。多くのノヴゴロドの若者は活動を助けたいと思っています。予定より長くノヴゴロドに滞在できるように、離れないように言われたときは嬉しかったです。ノヴゴロドに、誰もが日本語を学び、本を読み、書道や折り紙をすることができる日本文化センターを開きたいという重要な決断をしました。とても難しいですが、今はいろいろな人と交渉しています。これを私からノヴゴロドへの贈り物にしたいと思います。 これが私が街と人々のためにできることです。 プティアティンさんも喜んでいただけると思います。

モスクワで非常に大きなイベントが計画されていましたが、キャンセルしなければなりませんでした。私は非常に長い間準備していたので、私は非常に動揺しました。間もなく冬休みが終わり、2月8日にカザンの大学で新学期が始まります。

でもこのプロジェクトはまだ終わりません。チームと私は、モスクワでのイベントの代わりに、2月末にカザンで開催することにしました。

ぜひシェアしてください!!

ロシア連邦タタールスタン共和国
カザン連邦大学

動画クリエイター
🇷🇺🦢 @nichiro.seinen

📖 こちらもご覧ください

📰 記事

ウラジオストクチャンネル/

ハバロフスクチャンネル

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール