ハバロフスク

ハバロフスク駅前の「イロン・カビス」はおしゃれなオセチアパイの店です

ロシア人はパイ好きで、どの町にも必ず店があるそうです。なかでもオセチアパイ(осетинские пироги)と呼ばれる、もちもちした小麦粉の少し厚めの生地に、羊のひき肉やチーズ、ホウレンソウ、ジャガイモなど、さまざまな具を入れたパイが人気です。

ピザのように上に具をのせて焼くのではなく、生地で包んで焼きます。ランチやおやつ、オードブル、ワインのつまみなど、気軽に楽しめます。

ハバロフスク駅前にあるイロン・カビス(Ирон Кабис) は、オセチアパイの人気店です。

 
店内はとてもおしゃれです。

大きな編み笠を被ったような照明がおもしろいです。やっぱり若い女性客が多いですね。

オセチアはコーカサス地方にあり、パイ生地の表面の独特のエキゾチックな文様がすてきです。この店のメニューはとても豊富です。なにしろ生地や具材の種類が多いからです。

たとえば、オセチアパイは、肉入りと野菜ベースのものがあり、羊肉や牛肉、チキン、魚などから選べます。メニューをみると、肉とキノコ入り、肉とキャベツ入り、魚とタマネギ入り、魚とタマネギとジャガイモ入り、チキンとズッキーニ入り、チーズとホウレンソウ入り、ズッキーニとマッシュルーム入りなどがあります。

またチーズのみのものもあり、コーカサス地方の発酵乳飲料のケフィア入りというのもあります。

フルーツ入りの「ピローギ(Пироги)」というパイも種類が豊富です。たとえば、ブルーベリー、チェリー、チェリーとイチゴ、プラム、リンゴと梅、リンゴとクルミなどから選べます。

またラバッシュ(Лаваш)と呼ばれるトルコやイランなどの中近東で食べられている平焼きのパンもあります。羊のチーズやニンニク入りがあります。

クタブ(Кутабы)と呼ばれる、ちょっと珍しいアゼルバイジャン風の三日月形の生地で包んだ具入りの料理もあります。

コーカサス風水餃子のヒンカリ(Хинкали)の具材も豊富。牛肉入り、ラム肉入り、チーズ入り、エビ入り、サーモン入り、キノコ入りなどさまざまです。

もちろん、コーカサス風ケバブのシャシリク(Шашлык)もあります。これと一緒にミートパイを食べるのが重いと思ったら、さきほどのクタブを付け合わせにするといいかもしれません。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール