ハバロフスク

サハリン南西沖のモネロンは海鳥とアシカのコロニー&ダイビングの島

サハリン沖南西部の約56㎞離れた海洋に、モネロン島(Остров Монерон)と呼ばれる離島があります。この島に行くには、サハリン西岸の港町ネヴェリスク(Невельск)港から約76kmの距離を船で向かいます。

地図でみるとわかるように、晴れた日には宗谷岬を含む稚内市内や利尻島・礼文島からも見ることができるほどの近さです。

この島は約30平方キロメートルの大きさで、常時住人はいないことから、海鳥やアシカのコロニーとなっています。夏には透明度の高い海でダイビングが楽しめます。2006年にモネロン島は海洋国立公園に指定され、観光客が滞在できる宿泊施設が建設されたからです。

どんな島なのか。サハリン観光局が制作したプロモーションビデオをまずご覧ください。

 
島には新しい港湾施設や木造コテージのホテル、ロシア正教会などが建設されています。

島をトレッキングするための遊歩道も建設されています。

海岸線に続く岩肌は荒涼としていて、いかにも無人島という世界です。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール