ウラジオストク

塩川雄也写真展“Primorsky”「守られるべき穏やかな日常はそこにありました」

3月16日から24日まで、銀座のCO-CO PHOTO SALONで「Primorsky」と題された写真展が開催されました。写真家の塩川雄也さんが2018年夏と2020年冬に訪ねたウラジオストクやハバロフスクの旅で出合った平穏な日常を撮影したもので、夏と冬でまったく異なる風景を新鮮なタッチで見せてくれます。

これまで本サイトでは、ウラジオストクをテーマにした写真家の作品を紹介してきました。今回はその3回目です。

写真家・山端拓哉さんの企画展「ロシア語日記」がFUJIFILM SQUAREにて9月10日まで開催中!

スラブ圏を旅した写真家がウラジオストクを訪ねてみようと思った理由

さっそく、塩川さんの作品を紹介します。まずは夏のシーンから。

2018
「日本から僅か2時間余り
極東ロシアの沿海地方に到着した
心地よい陽射しに包まれた港街
シベリア鉄道の起点ウラジオストクからオケアン号に乗り込み
憧れの旅路へ向かうことにした
僕はまた異国のこの街で
心安らぐ場所を探していたのかもしれない」

ウラジオストク空港を出ると清々しい青空が迎えてくれた。

街へ向かう途中でバスを降ろされる。午後8時4分、街までしばらく歩くことにした。

ロシアにも夏がある。鮮やかで、暖かい日々が続いていた。

灯台から戻る人の群れ。楽しそうにはしゃぐ少年が飛び出してきた。

寝台列車で朝を迎える。僕だけが起きている車両で優しい朝日が差し込んだ。

2020
「鮮やかな日々に思いを馳せ
再び訪れた冬の終わり
眩い青さに満ちていたアムールの海は
対岸まで続く氷の世界に姿を変えていた
氷上を漂う人々は 静寂の中に身を委ね 穏やかな時間を過ごしていた
肌を刺すような寒さを忘れるほど 薄明の中で光を追い求めた日々も
今では遠い記憶のように感じている」

朝早くから釣りを楽しむ夫婦。穏やかな時間が流れていた。

どこまでも続く氷の海。ぽつりぽつりと釣り人たち。

君も試してみないか?そう声をかけられるが、僕には入る勇気がなかった。

高台のふもと。年月を巻き戻したようなノスタルジックな通り道。

薄明かりが続く丘の上で、いつの間にかこの街に心を奪われていた。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール