ウラジオストク

ウラジオストク港の氷の海に白イルカとアザラシが現れました

ウラジオストクの周辺の海はまだ凍っています。

1月下旬に届いたこの写真は、外海からウラジオストク港に入るトカレフスキー灯台のあたりで撮られたものです。高い鉄塔の左に小さな灯台らしきものが見えますね。

セクシーゾーンカレンダーのウラジオストク撮影スポットを教えます(灯台編)

この灯台の近くの海の氷の合間から姿を現したのがシロイルカです。

アザラシも現れました。

ウラジオストクの金角湾大橋の下にアザラシが現れました

これらの写真を送ってくれた日本海ブリッジ のウラジーミルさんによると、シロイルカは新しいウラジオストクのシンボルになっていて、多くの市民がトカレフスキー灯台にイルカやアザラシを見に行くそうです。

ウラジオストクの人たちの間でこれほどイルカなどの海洋動物が愛されるようになったのは、ひとつの出来事がきっかけでした。数年前のことです。

ウラジオストクの東方のナホトカに近い海域に、ある業者が海外の水族館に売るため、オホーツク海で捕獲した多くのイルカやシャチを収容していました。

しかし、現地の動物愛護団体がそれを見つけ、大騒ぎになりました。人々はそこを「イルカの刑務所」と呼びました。その知らせは大統領府まで届いたそうです。

その結果、イルカたちは解放されました。この事件がきっかけになり、ロシアの新しい法律で海洋動物を捕獲することは禁止されました。

実は、このとき解放されたイルカたちは、その後もウラジオストク周辺の海域に留まり、オホーツク海に帰りませんでした。餌となる魚も豊富なことも理由です。こうしてウラジオストクでは人間の目に触れる場所で、イルカたちが自由に泳いでいる姿が見られるようになったのだそうです。

この写真を撮影したのは、現地在住のプロカメラマンのブロヒン・アントン(Блохин Антон) さんです。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール