ハバロフスク

サハリンやハバロフスクでもクリスマスの準備が整いました

ハバロフスクチャンネル編集部に、サハリンのユジノサハリンスクにある北海道サハリン事務所の得能淳一郎さんから報告がありました。

「年末も近づき、ユジノサハリンスクの街中ではロシアでお馴染みの新年ソング「ノーボーゴードゥニャヤ」のよく耳にするようになりました。

Дискотека Авария — Новогодняя (Официальный клип, 1999)

この曲はアップテンポな曲調で、ロシアの方々からは老若男女にかかわらず愛されているようです。ロシアの方々はノリのよい曲が好きで、野外公園でもクラブミュージックがかかっているほど。街中で流れるクリスマスソングも明るい曲調のものが多く、自然と気分が高揚します。

12月のユジノサハリンスクはすっかり雪景色です。

レーニン広場では大きなクリスマスツリー(ヨールカ ёлка)が飾られています。

雪で覆われたサハリンの街並みは、夏の砂っぽい様子とまるで違い、オレンジ色の街灯と相まってとてもシックな雰囲気です。

にぎやかな一面もありますが、やはりここは稚内から何十キロも北に位置する寒冷地。12月でも最低気温がマイナス20度、最高気温がマイナス10度と、道民感覚でもとても寒く感じます。

この時期、外ではほぼ100%のロシア人が防寒用の帽子を被っています。ロシアでは冬の寒さで脳が腐ってしまうというアネクドート(滑稽話)があり、寒さにはとても敏感なようです。

その中でも変わらず元気なのはサハリンの子どもたち。比較的暖かい日はモコモコの防寒着を着ながら楽しそうに公園を走り回っています。

大晦日は多くの市民が花火を打ち上げ、にぎやかな夜になるとのことですが、その一方で火花による火事の発生が問題になっているとのこと。

私は散歩が好きなので夏場はいろいろなところを歩きましたが、様変わりした冬のサハリンを歩くのも楽しみです。

今後もふらふらと散歩をしながらサハリンの魅力を発見していけたらと思っています。

皆さまもそれぞれの地で良いお年をお過ごしください」

得能さん、ユジノサハリンスクのクリスマスの話題をご提供くださり、ありがとうございました。

さて、ところ変わってハバロフスクです。

ハバロフスクでも現在、レーニン広場にヨールカが建てられています。

前回アムールタイガーの生息地を訪ねるツアーの情報を提供してくれたダリゲオ・ツアー のタチアナさんが面白い写真や動画を送ってくれました。

それはヨールカを作っているときの様子です。

これはまだヨールカができていないレーニン広場の動画です。11月下旬にハバロフスクでは大雪が降ったそうで、広場は厚い雪で覆われています。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール