ハバロフスク

野生のアムールタイガ―の生息地を訪ねるトレッキングツアー

年の瀬を迎えていますが、来年の干支は寅ですね。今回はハバロフスク発の野生のトラの生息地を訪ねるツアーの話をしましょう。

アムールトラ(Panthera tigris altaica、ウスリートラともいいます)は、世界最大のネコ科の動物です。この雄々しく美しい「ネコ」たちの主な生息域は、極東ロシアと中国東北地方の国境を流れるアムール川やウスリー川周辺のタイガ(針葉樹林)です。

雄は体長2.5m、体重300kgにも達するそうです。寒冷な地域を生息域としていることから、他の地域の亜種に比べて深く長い体毛をそなえています。夏は水辺を好み、水浴びもします。冬は雪と林の中に紛れて獲物を待ち伏せます。獲物は、同じ森に棲むイノシシやヘラジカ、ヒグマだそうです。すごいですね。

ところが、シベリア各地で森林伐採の進む現在、アムールトラたちは絶滅の危機に直面しています。トラたちを保護するさまざまな取り組みが行われていますが、大切なのは私たちが彼らの存在に関心を持つことではないでしょうか。

ハバロフスクの旅行会社ダリゲオ・ツアー が催行する「野生のアムールトラの生息地を訪ねるトレッキングツアー」は、トラの雄や雌、そして子トラが定住している狩猟地区の敷地内で行われます。場所はハバロフスク南東部へ120kmほど車で走ったタイガの中にあります。

ここに設けられたベースキャンプの木造のコテージには10人の旅行者が同時に宿泊できます。

狩猟小屋のスタイルで建てられ、一つひとつのインテリアが特徴を持っています。

森林へのツアーは、オフロード車かスノーモービルを利用して行われます。

ここでは、トラの通るルート沿いやマーキングをする場所、休息する場所の近くにカメラトラップが設置され、トラのモニタリングが行われます。

ツアープログラムには、アムールトラの保護プログラムの紹介、猟師の冬用仮小屋の見学、猟師たちとの交流、ガイド付きの森林ツアーが含まれます。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール