ウラジオストク

8歳の女の子も参戦! ウラジオストクでテコンドーが盛んな理由

この少女の鋭い蹴りをご覧ください。

彼女の名前はナスタシヤ・ルセンコ(Лысенко Настасья)ちゃん。愛称「ナスチャ」、8歳のお嬢さんです。

彼女は何を隠そう、本サイトでおなじみの日本海ブリッジ のウラジーミル・ルセンコさんのひとり娘。彼女は先日、ウラジオストク市内で開催されたテコンドー大会に出場しました。

彼女の雄姿をご覧ください。

彼女のママが撮った試合中の動画も届いています。

ウラジーミルさんは娘さんについてこう話します。

「娘はもちろん女の子らしく育てたいと思っていますが、テコンドーやダンスを習わせています。そして、外国語の勉強もそうです。ウラジオストクは、日本や韓国、中国などに囲まれているので、近隣の国々の文化を理解することが大切。日本語の勉強を始めさせています」

彼女はいいご両親に育てられて幸せですね。

でも、ウラジーミルさんが娘にテコンドーを習わせたのは、それだけの理由ではないようです。なぜなら、彼自身もかつてテコンドーの選手だったからでした。

韓国の格闘技であるテコンドーは1980年代にオリンピック競技になりましたが、ロシアで正式に始まったのは1990年代になってからだそうです。日本の格闘技の空手は1986年までソ連では禁止されていて、ウラジーミルさんは子供の頃、柔道やソ連時代に開発された格闘技のサンボ(самбо)を習っていました。

そして90年代前半、10代になる頃、テコンドーに転身し、なんと彼は1992年にウクライナのオデッサで開催された全国大会で3位になったそうです。

その後、当時から一緒に地元でテコンドーをやっていた仲間たちが、ウラジオストク・テコンドー連盟を結成します。同連盟のウエブサイトをみると、ウラジオストクでテコンドーがとても盛んなことがわかります。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール