ウラジオストク

ロシア人でも知らないことがいっぱいのカムチャツカの旅

カムチャツカは「火山の野外博物館」と呼ばれるように、300を超える火山と29の活火山があり、北海道の北東約1200kmに位置する大きな半島です。カムチャツカの火山群は世界自然遺産に登録されています。日本から行く場合は、成田国際空港からウラジオストク経由で、カムチャツカのエリゾヴォ空港へと向かいます。

今年の夏、日本海ブリッジ のウラジーミル・ルセンコさんはカムチャツカ半島の小さな町に日本製の風力発電機やディーゼル発電機、中国製の太陽光発電機を設置するプロジェクトの通訳の仕事で出張に行ってきたそうです。

本サイト編集部は、まだカムチャツカには足を踏み入れていないので、どんなところなのか興味津々です。仕事の合間にウラジーミルさんが撮った写真や動画を紹介しながら、カムチャツカのいまを見ていきましょう。

まずカムチャツカ地方の中心都市、ペトロパブロフスク・カムチャツキー(Петропавловск-Камчатский)です。この町の人口は約18万人(2020年)、周辺海域の豊富な漁業資源から水産業が盛んで、サケやカニの水揚げ量が多いです。

ここはこの町の中央広場です。市役所やレーニン像、少し離れた場所にロシア正教会があります。市街地のかなたにアヴァチン火山が見えます。

以下、ウラジーミルさんは話します。

ペトロパブロフスク・カムチャツキーに来て最初に思ったことは、ソ連時代にタイムマシンで戻った感じでした。町並みが当時の雰囲気のままで、通りの名前も昔のまま、「レーニンスカヤ通り」を使っていました。ウラジオストクでは1990年代にレーニン通りをスヴェトランスカヤ通りに戻したのとは違います。

高台からペトロパブロフスク・カムチャツキーに面したアバチャ湾と町並みを撮ったものです。

ここからウラジオストクへは2280km、ロンドンへは8223kmとあります。ウラジオストクとモスクワの時差は7時間ですが、カムチャツカとモスクワの時差は11時間です。

教会と海、そしてアバチャ湾の向こうにコリャ―ク(コリャークスキー)火山が望めます。

市内にはいくつものレストランがあり、ここは「シャシリク」というバーベキュー料理の店で、パラツンカ温泉に行く道に沿ってあります。

こちらに来て驚いたことのひとつに、テレビのニュース放送がコリャーク語だったことです。コリャークは先住民族で、人口の70%ぐらいだそうです。

空港にコリャーク人のイラストのパッケージされたチョコレートが売っていました。

そして、この時期カムチャツカは白夜となり、23時頃ようやく暗くなるのですけど、午前2時にはだんだん明るくなってきます。最初は面白かったけど、時間が経つにつれて大変になりました。ホテルの客室にはぶ厚いカーテンが用意されていました。

さて、ペトロパブロフスク・カムチャツキーからいよいよ目的地のオッソラ(Оссора)に向かいます。エリゾヴォ空港から飛行機で行きます。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール