ウラジオストク

ナホトカのアジアレストランでカリフォルニアロールが定番メニューの理由

ロシア沿海地方の港町ナホトカ(Находка)は、かつて日本からモスクワやヨーロッパ方面に旅する乗客が利用するシベリア横断鉄道の始発駅でした。それがウラジオストクに移って以降、その地を訪ねる人は少なくなりましたが、とてもいい町です。

かつてシベリア横断鉄道の乗客が降り立ったナホトカのいまを訪ねる

博物館を見学したあと、学芸員の人に教えてもらった近所のレストランでランチしました。

その店は「ビッグブッダ(BiG будда)」という名のアジアレストランです

実はこの店、ウラジオストクのグム百貨店内にある同名のアジレストランの支店だそうです。

ウラジオストクにもアールヌーヴォー建築がたくさんあります

店内はそれほど広くはありませんが、アジア風のエスニック柄のカーテンで仕切った個室が並び、地元の家族連れも訪れていました。

メニューはロシア語のみですが、写真付きなので指差し注文できます。

タイやベトナム、韓国料理が中心ですが、日本ではめったにお目にかかれない独特のカリフォルニアロールがあります。

つい注文してしまいました。これです。ワサビもそうですが、ガリの色も妙に人工的に赤くて。う~ん、われわれの知る寿司とは別物ですね。

フライドヌードルも頼んでみました。

ナホトカのような極東ロシアの小さな町でもアジア料理は人気のようです。その理由は、東南アジアの国々や日本、韓国が極東ロシアの人たちの人気の旅行先だからだそうです。

アムール川のほとりで味わう不思議なアジア料理とスーパードライ

以下のレストランは、ウラジオ.com の宮本智さんが取材してくれたものです。 

まず「トキオ(TOKIO) 」。この店も、ウラジオストクの和食レストラン「Tokio」チェーンのナホトカ店です。店内はなんちゃって日本風で、ここでもカリフォルニアロールをメインとしたご当地寿司が食べられます。場所はバスターミナル(Автовокзал)から徒歩5分ほどにあります。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール