ウラジオストク

かつてシベリア横断鉄道の乗客が降り立ったナホトカのいまを訪ねる

ナホトカ(Находка)はウラジオストクから約90㎞東に位置するナホトカ湾(залив Находка)に面した美しい港町です。

1991年末にソ連邦が解体し、ロシア連邦が誕生する前までは、ウラジオストクは軍港という理由で対外開放していませんでした。ですから、それ以前にシベリア横断鉄道でヨーロッパに行く人たちは、横浜からの定期船で結ばれたナホトカから上陸し、鉄道に乗っていました。年配の日本人の中にはナホトカを訪れた人たちも多いかもしれません。日本国総領事館も当時はナホトカにあったのです。

とはいえ、現在では極東ロシアの中心都市はウラジオストクに移り、水産ビジネス関係の人たちを除くと、ナホトカを訪れる日本人は少ないといっていいでしょう。

では、いまナホトカはどんな様子なのでしょう。201910月、ウラジオストクからのナホトカ日帰り旅行に行ってきました。

ウラジオストクからは鉄道やバスで行くことができます。ただし、所要56時間とけっこう時間がかかります。ウラジオストク駅朝725分発のエレクトリーチカ(近郊列車)に乗りました。

ロシアの車両は日本に比べ幅広で客席はゆったりしています。問題は5時間以上の乗車時間をどうやってつぶすかですが、世界が交通網で結びつき、移動時間の短縮化が進む今日、気長に列車に揺られて旅するのも乙なものです(なにしろ成田ウラジオストク間はフライト2時間半なのに、その2倍かかるというわけです)。

終着駅のチホオケアンスカヤ駅(Тихоокеанская)に着いたのは12時半頃でした。

モスグリーンに塗られたかわいい駅舎です。

ナホトカはナホトカ湾に面した細長く弓状の町です。湾に沿ってナホトカ大通り(пр. Находкинский)が延びていて、市街地はチホオケアンスカヤ駅周辺に集中しています。

駅前がすぐ港です。そこはブフタ・ナホトカ(буфта Находка)と呼ばれる深い入り江になっていて、まさに天然の良港です。

駅の北側が高台になっていて、ロシア正教会が見えます。まずは訪ねてみましょう。

ナホトカのカザン教会は、町いちばんの高台で、港を見渡す絶好のロケーションに最近建てられたロシア聖堂です。

聖堂内は広く、数々のイコンや聖人たちの肖像画が飾られています。

この高台からはブフタ・ナホトカが一望にできます。

ぜひシェアしてください!!

ハバロフスク チャンネル

ウラジオストク/ハバロフスクの情報満載!
成田から直行便でわずか2時間半の極東ロシアの街・ウラジオストク/ハバロフスクの事なら、ウラジオストク チャンネル/ハバロフスク チャンネルにお任せ下さい。
現地のグルメ情報やイベント、観光ツアー、地元の方のみぞ知るお立ち寄りスポット、最新ニュースなど、さまざまな情報を発信しています。

こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール