Japan-Russia News

日本から見たロシアや中東欧

2020年11月22日(日) 東京 早稲田

ヴァイオリンと舞踏の煌き 芸術に捧げて

 
«Violin» 吉田直矢

5歳からヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学卒業後、パリエコール・ノルマル留学。セルジュ・ブラン氏(元パリオペラ座ソロコンサートマスター)に師事。留学中、パリで開催された第65回レオポルド・ベランコンクール第1位、第10回バッハ国際コンクールで最優秀賞を受賞。又、横田めぐみさんと中学校の同級生でもあり、めぐみさん救出に向けたチャリティーコンサートも多数に渡り手掛けている。2017年には世界的ピアニスト、フジコ・ ヘミングにアンコール・ゲストとして呼ばれ、東京オペラシティホール等で、サマータイムを共演し好評を博す。翌年公開されロングラン・ヒットとなった映画「フジコ・ヘミングの時間」に出演。2015年より4回に渡り、ワールド・ミュージック・フェスタに出演し大好評を博す。

 

«Dance» カミーラ

5歳の頃から民族舞踊を始め、民族舞踊アンサンブルKlimovchyankaのメンバーとして様々なステージで踊る他、社交ダンスを習う。来日後はオリエンタルダンサーとして活動を始める。2016年、ドバイで開催されたベリーダンスフェスティバルMagical Arabesqueに参加。ベリーダンスファッションショーTBDFS StageCostume Designのショーモデル。ダンス用品ブランドChacottのモデル。現在でもウクライナやロシアの民族舞踊、ジプシーダンス、ジャズダンスのダンサーとして活動を続ける他、多数のコマーシャルにも出演。

 

«Piano» 河崎恵

桐朋女子高校音楽科を経て桐朋学園大学音楽部器楽科(ピアノ)卒業。ピアノを山田朋子、竹内啓子、奈良場恒美の諸氏に、伴奏法を故白石隆生氏に師事。オペラでは椿姫、仮面舞踏会、リゴレット、トスカ、ラ・ボエーム、蝶々夫人、ラ・チェネレントラ、ロミオとジュリエット、ドン・ジョバンニ、アンドレア・シェニエ、道化師、エフゲニー・オネーギンナドピアノ伴奏によるオペラ公演で演奏。長江杯国際コンクール、万里の長城杯コンクールでは優秀伴奏賞を受賞。

 

«Special guest» 田島玲子

クラシカルクロスオーバー歌手。
武蔵野音楽大学声楽科卒業。在学中クラシック、ミュージカル、シャンソン、 日本唱歌の弾き語りなど幅広いレパートリーを持つプレイヤーとして日本、海外で演奏活動をしている。2010年”日本美歌”CDリリース。CM、雑誌、新聞にも掲載。ネット放送局の動物番組”白ゆりペット王国”のエンディング曲”陽の光”を歌い好評を博している。
メルセデスベンツ、サッポロビール主催のコンサートや日独コミュニティコンサート、医師会、ロータリークラブなどのディナーショーなど多々出演。

 

ヴァイオリンと舞踏の煌き 芸術に捧げて

日 時:
2020年11月22日(日)
開場13:00 開演13:30〜
場 所:
早稲田奉仕園 スコットホール (MAP )
入場料:
一般 ¥4,500
学生 ¥2,500
(軽食付き,税込)
予 約:
若き音楽家を育てる会 上田幸伺
ueda@oval-ad.co.jp

 


 

※同日、同会場にて16:00よりカミーラさん翻訳/字幕制作によるソ連映画上映会「運命の皮肉、もしくはいい湯気を!」も開催されます。併せてお楽しみください。
⬇️⬇️⬇️ 詳細はリンク先で ⬇️⬇️⬇️

※開催要項については変更になる可能性もありますので、主催者様発表の情報をご確認の上お出かけください。
 

TAGS: , , ,

 

Copyright © Japan-Russia News
プライバシーポリシー