Japan-Russia News

日本から見たロシアや中東欧

2020年2月15日(土) 東京 本郷

『ロシア文化辞典』出版記念シンポジウム 謎のロシア、魅惑の文化——ロシア文化史への新しいアプローチ


この度、丸善出版より『ロシア文化事典』が出版されました。沼野充義・望月哲男・池田嘉郎を編集代表とし、200名以上のロシア研究者が分担して、芸術から日常生活まで、ロシア文化のあらゆる面にわたって解説したもので、ロシア文化を主題とした日本で初めての大規模な事典です。
この出版を記念して、ロシア文化の多彩な魅力をめぐるシンポジウムを開催します。
入場自由(無料)、予約不要。一般公開イベントです。皆さまのご来聴を歓迎します。


 
プログラム

総合司会 沼野恭子(東京外国語大学)

15:00 開会の挨拶

編集代表:池田嘉郎(東大)・沼野充義(東大)・望月哲男(中央学院大)・佐藤日登美(丸善出版)


15:10 ここが面白い!『ロシア文化事典』

沼野恭子(東外大)+沼野恭子ゼミの院生・学生たち(魚住光泰、安島里奈、マリア・プロホロワ、石原知佳、土田真紀子、滝本理貢)
*東外大ロシア専攻の院生・学部生が事典から面白いと思った項目を選んで紹介する。


15:35 アプローチ① 竹田円 × 沼野充義

「ロシアの黒人」フレデリック・トーマスの波瀾万丈の人生 
*竹田円氏はアレクサンドロフ『かくしてモスクワの夜はつくられ、ジャズはトルコにもたらされた』白水社、訳者。

15:55 アプローチ② 鴻野わか菜(早大)

ロシア現代アートと宇宙


16:15〜16:30 休憩、『ロシア文化事典』他関連書籍展示


16:30 「あたらしい人たちとあたらしい事典をつくる」

池田嘉郎+村田優樹+松本祐生子(東大)


16:55 アプローチ③ 亀山郁夫(名古屋外大)

《二枚舌》と真実――ショスタコーヴィチとスターリン

17:20  アプローチ④ 望月哲男(中央学院大)

『戦争と平和』と『罪と罰』——二人のロシア作家について考える


17:45 質疑応答・討論

18:15 閉会
 

『ロシア文化辞典』出版記念シンポジウム 謎のロシア、魅惑の文化——ロシア文化史への新しいアプローチ

日 時:
2020年2月15日(土)
15:00〜18:15
場 所:
東京大学法文2号館2階1番大教室(本郷キャンパス) (MAP )
入場料:
無料
共 催:
東京大学文学部現代文芸論・スラヴ語スラヴ文学研究室
東京外国語大学沼野恭子研究室
協 力:
丸善出版社(株)
JIC国際親善交流センター&ジェーアイシー旅行センター(株)
問合せ:
東京大学文学部現代文芸論研究室
03-5841-7955

 

※開催要項については変更になる可能性もありますので、主催者様発表の情報をご確認の上お出かけください。
 

TAGS: , , ,

 

Copyright © Japan-Russia News
プライバシーポリシー