Japan-Russia News

日本から見たロシアや中東欧

2020年1月31日(金) 東京 六本木

中東欧ロシア鉄分ナイト~六本木発プラハ経由ビドゴシチ行き TLK~

My Eyes Tokyo恒例、大好評イベントシリーズ「東欧ロシア鉄分ナイト」。神戸在住のライター・新田浩之氏が実際に乗車した、東欧地域およびロシアの鉄道の車内や車窓風景、沿線地域の文化について語り倒し、非常にマニアックな内容ながら毎回満員御礼を記録してきました。
 

そして2020年新春「中東欧ロシア鉄分ナイト」にその名を変え、チェコとポーランドのお話をお届けします。もちろん”鉄”色満載!プラハの路面電車、プラハ~ワルシャワ間の夜行列車、ポーランド・ビドゴシチの魅力について語り尽くします。例えば・・・
 

<スピーカーより>
・チェコ・プラハを走る路面電車の代表、丸型の愛らしい「タトラカー」。「タトラカー」は共産主義時代に製造されましたが、とある大きな秘密があります。その秘密は何でしょうか?
・プラハ~ワルシャワ間を走る夜行列車。ヨーロッパの鉄道好きでも中欧の夜行列車の実態を知らない方は多いのではないでしょうか。乗車体験はもちろんポーランド鉄道に務める友人の証言も紹介します。
 

・・・と、”鉄”のみならず共産趣味人もゾックゾクするようなトリビアを全力でお届けします!
 

さらに当イベントのタイトル名にも盛り込まれているポーランドの内陸都市・ビドゴシチ。人口約37万人の比較的大きな街でありながら『地球の歩き方』には掲載されていません。だからこそ、六本木・妙善寺で紹介するのです!川・運河の美しい街、ビドゴシチの魅力を少しでもお伝えしたいと思います。
 

そしてトークの後は、食べもの飲みもの持ち込み自由の懇親会で皆さんと交流!オリンピックイヤーを迎えても変わることなく行われるザ・濃厚民族の集いです。
 

 
日 時:2020年1月31日(金)
    19:00開場 19:30〜22:00(予定)
場 所:妙善寺

参加費:社会人 ¥2,000
    学 生 ¥1,600
申込み:
https://easteuroperussiatlk.peatix.com/
主催者:My Eyes Tokyo
※ご厚意による中東欧ロシアの食べ物や飲み物、お酒の持ち寄りを絶賛受付中!

<注意>
会場の周辺にお住まいの方々が多くいらっしゃいます。そのため、特に懇親会では大声を出して騒いだり歌ったりすることをお控えください。

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれ。幼い頃から鉄道に没頭。大学、大学院は中東欧、ロシアにハマる。2013年、神戸大学大学院国際文化学研究科を修了。現在はマイナビニュース、東洋経済オンラインにて鉄道記事を中心に執筆活動を続けている。2018年1月にチェコ政府観光局公認のチェコ親善アンバサダー2018に就任。

*新田氏インタビュー:https://www.myeyestokyo.jp/57323

「My Eyes Tokyo」は、東京に住む外国人の声を世界中に発信するメディアとして、2006年10月に立ち上がりました。
主宰である私(My Eyes Tokyo代表 徳橋功)は、それ以前から日本に住む外国人との交流をしており、それを通じて彼らが日本をどう感じ、日本での日常をどのように感じているかに興味を持ち始めました。これが、私がこのプロジェクトを始めたきっかけです。
この「My Eyes Tokyo」という名前は「私の目に映る東京」という意味を込めて付けたものであり、外国人の目に映る東京の姿を世界に向けて発信していこうという私の意思を反映させました。

また、インタビューを通じて日本の「今」を伝えていきたいという思いもありました。芸者や寿司・天ぷらなど日本の伝統文化は海外によく知られておりますし、最近ではマンガやアニメなどのサブカルチャーも海外で人気です。ただ私は「今」の「リアル」な日本の姿も同じように知っていただけたらと考えております。
My Eyes Tokyoがお伝えするのは、今の日本に生きる外国人たちのストーリーであり、私個人としては、このサイトをご覧になった方々が、日本に旅行に行きたい、または日本に住みたいと思って下さると嬉しいです。

また、国境や言葉、文化、人種の壁を越えて活躍する日本人のコスモポリタンにもインタビューしています。これも、日本を海外に伝える一貫として行っております。日本は大陸から海で隔てられた島国ゆえに、内向きな人間が多い – そのようなイメージを覆し「こんな日本人もいるんだ!」というメッセージを送るつもりで、海外で活躍する、または様々なバックグラウンドを持つ人たちを巻き込んで活動している日本人からもお話をお聞きしております。

My Eyes Tokyoは今後インタビューやラジオ番組(※現在はアーカイブのみ)を通じて、海外に住む人々が訪れたり住みたくなる場所にしていくことに貢献する所存です。皆様のご指導ご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます。

徳橋功 (My Eyes Tokyo創始者)

※開催要項については変更になる可能性もありますので、主催者様発表の情報をご確認の上お出かけください。
 

TAGS: , , , ,

 

Copyright © Japan-Russia News
プライバシーポリシー