Japan-Russia News

日本におけるロシア

2019年11月24日(日) 兵庫 神戸

♪世良美術館 特別記念 日露音楽文化交流のつどい♪ デュオ・プロコピエフ・ダフチャン コンサート

デュオ・プロコピエフ・ダフチャン

「デュオ・プロコピエフ・ダフチャン」は、ドムラ奏者のアルチューム・ダフチャンとバヤン奏者のニコライ・プロコピエフによって2010年に結成された。地元シベリア地域の都市を中心にコンサート活動を行い、2015年には「第9回若い演奏家のためのチャイコフスキーコンクール」のオープニングコンサートで演奏を行った。また、デュオでの活動に加え定期的にソロでのコンサートも行っている。2人に編成を勧めた恩師であり、2002 年に開催された「第4回大阪国際室内楽フェスタ」で優勝した「デュオ・ロマノフ・クガエスキー」(現在はノヴォシビルスク・グリンカ音楽院教授)に続いて、後継者である若いデュオも、2017年の「第9回大阪国際室内楽フェスタ」で優勝を飾り、同じ輝かしい道を歩んでいる。また2018年4月にはアルメニアのギュムリで開催された「ルネッサンス国際コンクール」でも大賞を受賞し、その後世界各国でコンサートツアーを行っている。
 


 

アルチョーム・ダフチャン(ドムラ)

ノヴォシビルスク出身の若きドムラ奏者の彼は、その感動的でありながら並外れた技巧的な演奏で、国内外の聴衆を魅了する。「第4回大阪国際室内楽フェスタ」でメニューイン金賞を受賞したA.クガエフスキーのクラスで音楽教育を受けた彼は、ここ3年間にロシア・カザフスタン・アルメニア・日本で開催された著名な国内、国際コンクールで優勝しており、ロシア連邦大統領賞の受賞者でもある。
 
 

ニコライ・プロコピエフ(バヤン)

7歳の時にケメロヴォ州の町プロコピエフスクの音楽学校でバヤンを学び始める。2006年にはアンドレイ・ロマノフに師事する為にノヴォシビルスクに転居し、2012年にノヴォシビルスク・グリンカ音楽院に入り、現在も在籍中である。また彼はソロ活動以外にもシベリア地方の民族音楽のオーケストラや、コンクールの共同受賞者であるアルチョーム・ダフチャンのデュオパートナーとして演奏を行っている。
 

日 時:2019年11月24日(日)
    14:00開演 (開場13:30)
場 所:世良美術館 (MAP )
料 金:一般 ¥3,500 (ペアー券 ¥6,500)
    学生 ¥2,500
    全自由席
予 約:世良美術館・予約フォーム
問合せ:サウンドアイ企画 080-5350-9030
 

※開催要項については変更になる可能性もありますので、主催者様発表の情報をご確認の上お出かけください。
 

TAGS: , , ,

 

Copyright © Japan-Russia News
プライバシーポリシー