2021年5月15日(土)〜16日(日) オンライン

サンクトペテルブルクへようこそ1周年!オンラインツアー

私たちはサンクトペテルブルクの観光地について、より多くの情報を伝えるためにプロジェクトを続けています。ロシアに来ることができない日本の皆さまに、オンラインで体験できる観光のツアーをご用意しました。

サンクトペテルブルクへようこそ


5月15日(土) 19:00〜
知っておきたいロシア帝国の鉄道と歴史的背景
アレクサンドル・ゲルツェフ

「知っておきたいロシア帝国の鉄道と歴史的背景」をご案内するのは、アレクサンドル・ゲルツェフさんです。
ロシアで最初の鉄道が開通したサンクトペテルブルクの市内には、20.000㎡の広大な敷地面積を誇るロシア鉄道博物館があります。ロシア鉄道の180周年に合わせて、2017年10月にグランドオープンした鉄道技術の歴史を伝える博物館には、180台以上の機関車やミサイル放射台の車両が展示されています。

!slideshow_deploy!
写真:rzd_museum
アレクサンドル・ゲルツェフ

アレクサンドル・ゲルツェフ

サンクトペテルブルクの日露友好協会の理事である私は、2006年にITSUMO社を設立して日本のビジネスを手助けしています。ロシア語と日本語の翻訳、サンクトペテルブルクを訪問する日本人をエルミタージュ美術館、劇場やコンサートホールに案内して、ロシアの文学や建築の構想などを紹介しています。どんな専門的なことでも長年の経験を活かして、サンクトペテルブルクでお困りのことに力を注いで参ります。 私はレオナルド・ダ・ヴィンチが好きで、世界の有名美術館を訪問することが夢であります。何もが変わりゆく時代となりましたが、これからも皆さんと一緒にサンクトペテルブルクの魅力を再発見したいと思います。

5月15日(土) 20:00〜
サンクトペテルブルクに行った気分を楽しもう
イリーナ・バラガンスカヤ

「サンクトペテルブルクに行った気分を楽しもう」をご案内するのは、イリーナ・バラガンスカヤさんです。
プーシキン像がある芸術広場からエルミタージュ美術館までをオンラン中継で散歩します。広場の周りにあるロシア美術館、ミハイロフスキー劇場、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニーの建物を見たり、歩きながら街並みを紹介していきます。

!slideshow_deploy!
写真:hermitage_museum
イリーナ・バラガンスカヤ

イリーナ・バラガンスカヤ

私はサンクトペテルブルクより北にあるアルハンゲリスクという街で生まれ育ち、大学を卒業してからサンクトペテルブルクに移住しました。私の趣味は読書です。読書の醍醐味は、未知のものへ触れる喜びです。
今住んでいる街はそれほど長くない歴史にもかかわらず、世界遺産の宝庫として知られていて、立派な宮殿、美しいネヴァ川、素晴らしい建築、公園、博物館などがあり、250以上の施設で美術品の展示がされています。私が一番の好きになったのはエルミタージュ美術館で、サンクトペテルブルクの素晴らしい美術の歴史に恋に落ちました。西洋美術が好きになったきっかけは、大学で学んだ世界史でクラシックと帝国スタイルが大好きです。私の一番好きな画家はレンブラントです。エルミタージュ美術館にはレンブラントの名画が26点あります。そんな美しい街を案内したいと思います。

5月16日(日) 19:00〜
宮殿そのものが芸術品のエルミタージュ美術館
マリーナ・ソロポワ

「宮殿そのものが芸術品のエルミタージュ美術館」をご案内するのはマリーナ・ソロポワさんです。
18世紀半ばにロマノフ王朝のために建てられた宮殿は、エルミタージュ美術館に生まれ変わりました。300万点のコレクションを貯蔵する美術館は、世界遺産に包括登録されています。オンランツアーでは、2014年にオープンした新館に展示されている印象派の有名な画家のダビンチ、ラファエロ、ルーベンス、レンブラント、ティツィアーノなどの絵画を見ることが出来ます。

!slideshow_deploy!
写真:hermitage_museum
マリーナ・ソロポワ

マリーナ・ソロポワ

このプロジェクトの1つの目的は、日本にサンクトペテルブルクの有名な観光地を知ってもらうことです。ロシア旅行が自由に出来ない今ですが、サンクトペテルブルクへようこそでは、帝国時代の皇帝を紹介するコーナーを担当しています。
1989年にサンクトペテルブルグ大学の東洋学部日本語課を卒業してから、ずっと日本語学校の教師、観光のガイド、文化交流の通訳など日本語関係の仕事をしています。日本は私にとって第二の故郷です。2018年にヨーロッパの日本語ガイドの最優秀ガイド賞(全世界で第5位)を受賞しました。ロシア帝国の首都だったサンクトペテルブルグと現在の首都モスクワの日本語ガイドライセンスを持っています。再び日本の皆さんをお迎え出来るようになれば、歴史ある観光地を巡り、ロマノフ王朝の建築物を見学して、エカテリーナ2世やロシアのことについて案内します。

5月16日(日) 20:00〜
ネコの特別警備員がいるエルミタージュ地下室
マリーナ・コノノワ

「ネコの特別警備員がいるエルミタージュ地下室」をご案内するのはマリーナ・コノノワさんです。
エルミタージュ美術館に住んでいる猫は、エリザベータ女帝がネズミを捕獲するために宮殿で飼い始めました。エルミタージュ美術館に住んでいる猫は、エリザベータ女帝がネズミを捕獲するために宮殿で飼い始めました。日頃から猫が過ごしている「大きな猫の地下室」と呼ばれる、20㎞の地下空間の様子を見学しながら、ロシアの猫に癒されてください。

!slideshow_deploy!
写真:hermitage_museum
マリーナ・コノノワ

マリーナ・コノノワ

私はレニングラードに生まれ、今は新しい名前を取り戻したサンクトペテルブルグに住んでいます。中学校の頃に先生から龍安寺の石庭の話を聞き、大人になって京都に旅行して、日本は奇跡的な美しい国だと思いました。サンクトペテルブルクでガイドをしていると、外国の方は恐ろしいロシアはどこに行ったのと驚きます。ロシアは思っていたよりいい国で人々は親切で優しいです。それに一番美しい街だから、いつかまた戻りたいと言われます。この言葉に私は安心しました。
サンクトペテルブルクの中心部から30㎞ほど離れたペテルゴフ、ツァールスコエ・セロー、パヴロフスクなどの街には、世界でも有名な宮殿があり毎年多くの観光客が訪れています。サンクトペテルブルクはどの季節も美しく、皆さんがまだ知らないサンクトペテルブルクの魅力を探す旅に一緒に出てみませんか。

5月16日(日) 22:00〜
サンクトペテルブルクに輝く灯のナイトツアー
マリア・スウォロワ

「サンクトペテルブルクに輝く灯のナイトツアー」をご案内するのは、マリア・スウォロワさんです。
運河から見るライトアップは、サンクトペテルブルクがヨーロッパの中で最も綺麗だと言われています。夏になるとネヴァ川にかかる跳ね橋は上がり、その迫力を遊覧船から見ることができます。水の都の神秘的な夜景は、この旅の忘れられない思い出になることでしょう。

動画:mazurevanasta
マリア・スウォロワ

マリア・スウォロワ

私はシベリア出身で、サンクトペテルブルグの労働組合大学に入学しました。大学で西洋美術史を学んだことをきっかけに、サンクトペテルブルグには20年以上住んでいます。美術史を学ぶ過程で、西洋美術に大きな影響を与えた日本にも興味が広がりました。第2外国語として日本語を学び、世界中の絵画、建築、彫刻の歴史に強い興味を抱きながら、日本に憧れを持つようになりました。
現在は、サンクトペテルブルグ市内の学校で小学生から中学生までに日本語を教えていて、9年ほどのキャリアになります。私が魅了された日本文化についても伝えることで、子供たちはより日本語への理解を深めています。またガイドのお仕事では、西洋美術史の知識を基に日本と西洋とロシアいう遠い地の文化が美術を通じて交流していることを、熱意をもって伝えています。美術に魅了された者同士の熱い気持ちを共有できることを幸せに思います。

●参加費用
2回 / 3.300円(税込)
フリーパス / 5.500円(税込)
5月14日まで、オンラインツアー参加申込フォームよりお申込みをお願い致します。
⬇️⬇️⬇️
https://www.yokoso-russia.ru/tourism

●参加条件
ZOOMサービスを利用してガイドとオンライン中継を繋ぎ、予め用意している観光地の映像を流しながら詳しい解説をしていきます。案内開始の時間になりましたら、40分間のツアーをスタートしますので、通信環境の良い場所からZOOMサービスに接続してください。ご予約のツアーにアクセスがない場合でも、お支払い後のキャンセル・料金の払い戻しは行っていません。ZOOMサービスのリンクはお支払い完了後に、5月14日までメールでご案内させていただきます。

サンクトペテルブルクを日本語で案内してくれるガイドと繋がることができるこの機会に、是非お会いできるのを楽しみにしています。

開催要項については変更になる可能性もありますので、主催者様発表の情報をご確認の上お出かけください。

ぜひシェアしてください!!

🗓 こちらもご覧ください

📰 記事

📖 アディリャのカザン日記

ウラジオストクチャンネル/

ハバロフスクチャンネル

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube