Japan-Russia News

日本におけるロシア

第2回 ロシア映画祭 in 東京 «ДНИ РОССИЙСКОГО КИНО В ТОКИО»

去る10月19日〜25日、『第2回 ロシア映画祭 in 東京』が開催され、2016年〜2018年制作の映画8作品が上映されました。

日程:2018年10月19日(金)~10月25日(木)
主催:JIC国際親善交流センター
協力:一般社団法人ユーラシア国際映画祭
   ロシア文化省、在日ロシア連邦大使館

7日間の会期のうち、10月20日の『不思議な少女ドミニカ』[原題:Доминика](2018)、同21日の『ピオニールの名の下に!少年たちの最後の夏』[原題:Частное пионерское 3](2017)、そしてロシア大使館にて上映となった同23日の『田舎の純情物語』[原題:Жили-были](2017)、『302 ビス』[原題:302 БИС](2017)の計4本を鑑賞しました。

各日とも入場料は無料、事前にメール/FAX/電話予約さえしておけばとのこと。当日は予約がなくとも席に空きがあれば入場可能ということでしたが、20日、21日に関しては入場時の予約チェックなどもありませんでした。予約の時点では席が埋まっていなかったということなのでしょう。ただし、開演時までにはほぼ席は埋まってしまい各日とも大盛況でした。
(※23日のロシア大使館だけは事前に大使館側への入場者名簿の提出が必要とのことで事前予約が必須)
 

この映画祭、ロシア大使館で上映された日はもちろんのこと、その他の日もロシア人の方が多く来場されており、幕間ではロシア語が飛び交っていました。

また私が鑑賞した作品中3本はコメディタッチの作品でしたが、ロシア人の方の笑うポイントの違いを感じました。これは文化の違いなのか、あるいは単に翻訳の時点でニュアンスが落ちているようなケースもあるのかもしれません。

ロシア映画であっても日本での一般劇場公開の場合には多くのネイティブの方達と一緒に映画を鑑賞するという体験は出来ませんので、非常に興味深いものでした。
 

『不思議な少女ドミニカ』[原題:Доминика](2018)

若いオレグ・アゲイチェフ監督[Олег Агейчев]のデビュー作。今回観た中ではもっともコンテンポラリーな作品。

“天才肌の建築家コンスタンティンが自宅前に捨てられた子供を預かり、ドミニカと名付ける。不慣れな子育てに奮闘しながらも次第に心を通わせていく。”

というよくある子育てコメディーのようですが、この子供が叱られるたびに(物理的に)成長していき魅力的な美人になっていくというファンタジー要素を絡めてあるところがミソ。
 

『ピオニールの名の下に!少年たちの最後の夏』
[原題:Частное пионерское 3](2017)

“主人公のミーシャとジーマは、ミーシャがずっと片思いをしていた元同級生エレーナを探すためモスクワへ。様々な出会いの末、二人はあるお金持ちの息子の別荘で彼女を見つける。そこで彼女が金持ち息子の犯罪的な策略にはまっている事を知り、救出作戦を開始する。”

2017年の作品ですが、時代設定はソ連時代。
主人公の少年が、アメリカ製のジーンズさえ手に入れれば幸せになれると信じ、自分の持っているソ連のピンバッジコレクションをわらしべ長者のようにいろいろな(西側諸国の)品々と交換していきついにラングラーのジーンズを手に入れたり、WingsやQueenのレコードが高値で取引されていたり、当時の一般市民の西側諸国に対する意識というものと政治的な状況というものはかなりギャップがあったのでしょうか。

原題を見るとわかるように、この作品はシリーズ3作目とのことで、登場人物の関係性などは前作から引き継いでいますがストーリーとしては単独で成立しています。
時代設定だけでなく作劇もとてもクラシックな、安心して観られる作品です。
1も2も、日本語字幕なしで良ければYouTubeで観られると思います。
 

『302 ビス』[原題:302 БИС](2017)

17分の短編。今回は上映前にプロローグ的な朗読劇あり(後述)。

“売れない作家の男が自身の未来に絶望し、恋人に助けを求める。しかし彼女は男に甘えを感じとり煽り立てる。最後の希望も失った男がとった行動、そしてその結末は…。”
 

『田舎の純情物語』[原題:Жили-были](2017)

“ロシアの僻地に村に住む二人の独身年配男性。ある日、同じ村に住む年配女性が突然未亡人となり、彼女のハートをめぐる二人の独身年配者の争いが勃発する。”

…ようにみえて実は……ブロマンスコメディ。
このようなロシアの田舎の生活というのもなかなか見ることができません。
 

2018年は日露交流年で多くのロシア映画が劇場公開されていますが、そういった文脈では劇場にかかりにくいタイプの映画を観ることができました。
 

さて貴重な体験といえばやはりロシア大使館。こんなことでもなければ入る機会はあまりありません。
さぞセキュリティチェックは厳しいのだろうと思っていましたが、入館時に名簿と自己申告の名前を照合するだけで終わり。手荷物チェックもありません。ディズニーランドの方が厳しいですね 笑(ちなみに退出時のチェックもありませんでした。このあたりも、イメージと違い実におおらか)。

写真など撮って良いものかどうか、特に何をしたらダメというような指示もなくあっさりと入場。

大使館付属学校のコンサートホール前のロビーに入りましたら尋常でない輝きを放った女性がいらっしゃいまして、もちろん女優さんだろうとは思いましたが、果たして、この日上映された『302 ビス』に出演されているリーザ・アルザマソワ[Лиза Арзамасова]さんでした。

不勉強にしてこの日までお名前を存じ上げませんでしたが、いわゆる子役の頃から活躍されている有名な女優さんだそうです。

もはやすっかりファンになってしまいました。
作品上映前にはこの『302 ビス』のプロローグ的な朗読劇(というのでしょうか?台詞は入っておられたので台本は持っていませんでしたが)を共演のマクシム・コロソフ[Максим Колосов]さんと演じられました。

終演後、パンフレットにリーザ・アルザマソワさんのサインをいただけるとのこと。

今回の映画祭は全て入場無料でしたが、いろいろな経費についてはパンフレットの売り上げを充てるとのことでしたので、既にパンフレットは購入済みでしたがこの日は持参しておらず。

こんな機会は二度とないと思いましたのでもう1冊パンフレットを購入しましてサインをいただきました。誰でもそうしますよね?笑
 

普段映画はあまりご覧にならないような方でもこの体験そのものが興味深いものだと思いますので、次回(もちろん来年もありますよね?第3回、第4回と続いて欲しいと思います)、ご都合がつけばぜひ足をお運びいただければと思います。
 

↓↓↓↓↓リーザ・アルザマソワさん、日本滞在中の様子がInstagramにアップされています。

TAGS: , , , ,

コメントを残す

Copyright © Japan-Russia News