Japan-Russia News

日本におけるロシア

ウォンテッド [原題:WANTED] コンスタンチン・ハベンスキー(も)出演

『ヒトラーと戦った22日間』[原題:Собибор] が公開間近です。
同作の監督・主演をしているコンスタンチン・ハベンスキーも、今回ご紹介する『ウォンテッド』に端役ですが出演していますよ。

ウォンテッド [原題:WANTED] (2008)
監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:ジェームズ・マカヴォイ
   モーガン・フリーマン
   アンジェリーナ・ジョリー

監督のティムール・ベクマンベトフは大ヒットしたロシア映画『ナイト・ウォッチ』[原題:Ночной Дозор]『デイ・ウォッチ』[原題:Дневной Дозор]の監督で、ロシア人と紹介されることも多いですが実際はカザフスタン出身です。
『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』のヒットを受けて、同監督および両作品で主演をしていたコンスタンチン・ハベンスキーのハリウッド進出となったのがこの『ウォンテッド』なわけです。

クライムアクションダークファンタジーという感じでしょうか。登場人物やストーリーは違うのですがどことなく『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』に通底するものがあります。
制作費も7500万ドルと『ナイト・ウォッチ』の20倍近く!で(もちろん出演者のギャラが大きいでしょうけれど)、カーアクションなども迫力があり面白いですよ。

原作はマーク・ミラーによるグラフィック・ノベル。『KISS-ASS』や『KINGSMAN』などの原作者でもあるのですが、こんなのも書いています。

『スーパーマン:レッド・サン』[Superman: Red Son]
もしスーパーマンがアメリカではなくソ連にいたとしたら?というイフストーリーです。

ウォンテッド [Blu-ray]

新品価格
¥1,375から
(2018/9/6 17:00時点)

 

TAGS: , , , ,

コメントを残す

Copyright © Japan-Russia News