尊敬する人

尊敬する人
大江 健三郎、ダニエル・ハウエル、アーネスト・ヘミングウェイ
これらの人たちを結びつけるものは何ですか? 何もありません。 もちろん、これらの人たちを比較することはできません。 それにもかかわらず、私はこれらの人たちの内なる世界の過密によって団結しているという自身の価値のない意見を持っています。
「自分の感情を食べることができれば、私はただ爆発するでしょう。」
「すべての精神科医に、作家であることが何を意味するのか、私の脳を破壊し、私の首都である私の記憶を消去し、私を人生の傍観者に投げ込むことのポイントを理解するために、フィクションの作品を書くことを学ばせてください。」
「私は自分自身と家族を社会、つまり空間と結びつけるために本を書いていると思います。」
これらの言葉はこれらの人たちのものです。 それらのそれぞれは、住まなければならなかった非常に異なる運命と非常に異なる世界を持っています。 彼らは彼ら自身の感情と感情を持っています。 あなたの世界観。 あなたの考え。 あなたの問題と心配。 あなたの目標。 しかし、これらの人々の意識はどれほど素晴らしいのでしょう。
運命が非常に難しい人がいます。これを乗り越えられた運命の悪い人は、みんなからとても尊敬されているとよく耳にします。これは素晴らしいです、これはただ素晴らしいです、それについては間違いありません。しかし、私は人生で、人が尊敬されていると聞いたことがありません。なぜなら、彼は毎日自分の考えの重荷を克服しているからです。これは非常に奇妙に聞こえます。とはいえ、自分の意識の重みで生きるのが非常に難しいと感じる人もいます。そして、私はそのような人々をとても尊敬しています。時々あなた自身の考えの重みは耐えられないです。人たちは夢中になり、このために自殺します。
頭の中にあまり多くの考えがないとき、人生ははるかに楽になります。 考えはとても明るく、親切で、とても賢いかもしれませんが、それが少なければ、生きやすいです。 これはめったに考えられないことであり、自分自身が「自分の感情から爆発」しなければ理解するのは難しいですが、これは人々の生活を非常に困難にするものです。
これらは人類に多くのことをすることができる素晴らしい心だと私は信じています。 そして、尊敬に値します。 人生が大変だったからで人生が大変だったからではなく、創造性のためでもありませんが、人類にとって素晴らしいものを作るために、毎日自分の意識の重荷を乗り越えているからです。 (もちろん、冒頭で触れた人だけでなく、そういう人もたくさんいます)

*著作権及び文責は「Записки сумасшедшей иностранки. 狂った外国人女性のメモ。」に帰属します。

ぜひシェアしてください!!

Записки сумасшедшей иностранки.
狂った外国人女性のメモ。

みなさん、こんにちは! 愛です。
故郷はモスクワです。 今、カザンに住んでいます。東洋学部のカザン大学で勉強しています。
子供の頃から日本を心から愛しています。
自分のチャンネルをYouTubeで運営し、ロシアのアニメを日本語に翻訳し、できるだけ日本に近づくことだけを夢見ています。

📖 こちらもご覧ください

📰 記事

ウラジオストクチャンネル/

ハバロフスクチャンネル

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール