日本語学部を卒業しました〜!♡🎓💐カザン大学の日本語学部

4年前、高校時代からの夢を叶えました。カザンでの日本語学部への入学。

モスクワやウラジオストク、日本も考えましたが、私の家は裕福ではなく、家計も少なかったので、カザンで勉強することにしました。高校からは、受験用の本を買って勉強しました。数学、ロシア語、英語、歴史の試験を受けなければなりませんでした。大学という敷居の高い場所に足を踏み入れた時、これからの4年間は充実した明るい日々を過ごせる、日本語も堪能になり好きなことも見つかると確信していました。そしてそれは本当でした!☺️❤️
学生食堂、毛皮のコートの下のおいしいニシン…(ロシアサラダ)そして香りのよい焼きたてのパン!!!。コックさんが「タルタル」と親しげに呼んでくれたり、学生だからとランチを安くしてくれたりするとき。☺️🥪笑

1年生の時、日本語学科の1年生は交換留学生として日本に行けない、日本語の大会に出られないという固定観念を打ち破って、日本に行きました。私より年下で大学に進学した学生たちの手本になりたいと常々思っていました。多くの人に強い先輩になれた、それはとても嬉しいことです。

2年生のときに、ロシアのさまざまな都市で開催された日露のイベントやフォーラムに参加しました。私は日露関係の分野で発展したいと思いました。ほとんど知りませんでしたが、私たちが望むすべてのもの、私たちが夢見ることは可能であるということを理解し始めました!🥺✨

私たちにはすでに自分たちの世界、発展の展望があるのです。私たちは最初からすべてを知っています。どう動くべきかは分かっています。しかし、社会は時として、私たちがリスクを取らないように、やらない理由を探して、私たちを落胆させることがあります。「”試す”ということが怖い!成功しなかったらどうする?無駄遣いしたらどうするんだ」と。それ以降、直感に耳を傾けなくなり、正しい生き方、正しいやり方がわからなくなってしまうのです。私たちは他の人に「正しい方法は何ですか?」と尋ね始めます。正しい指導は、私たちの心の中にあります。子供の頃からの隠れた願望に。大学では、日本語と日本の経済、文化、歴史を学びに来たとはっきり認識しました!😍🇯🇵🎏

日本とは関係のない難しい科目がありました..ロシアは日本の教育制度と正反対で、違う教育制度があるんです。教員は選べますが、授業や時間は選べません。しかし、サーシャと一緒にいたときは、すべてのクラスが楽しかったです😆☺️
コロナのために3年と4年はあまり活発ではありませんでしたが、日露プロジェクトを作成し、14人のチームを募集しました!🥰
本当に、人が夢に向かって、恐怖を打破し、欲望を理解する手助けがしたいです。幸せに生きてほしい🙏あなたが大学に行く必要があるという考えを支持します。

この4年間は、とても興味深く、また、とてもチャレンジングな期間でした。それは私の成長期でした。✨

ぜひシェアしてください!!

ロシア連邦タタールスタン共和国
カザン連邦大学

動画クリエイター
🇷🇺🦢 @nichiro.seinen

📖 こちらもご覧ください

📰 記事

ウラジオストクチャンネル/

ハバロフスクチャンネル

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール