カザンの博物館の日! ♡

ごく最近、カザンで美術館の日が開かれ、すべての人が入場できるようになりました。

親愛なる読者にタタールの芸術を紹介するこの機会を逃すことはできませんでした。毎月、20世紀と21世紀のタタール人アーティストの展示会があります。

アーティストのバキ・ウルマンシュの展覧会に行きました。これはソビエトのタタール人の画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、写真家です。Gabdulla Tukay共和党賞(1967年)の受賞者。彼はイマームイドリスウルマンシュと刺繡作家マフジュバウルマンシュのタタール人の家族に生まれました。刺繡、織り、民芸品、模様の描画は家族の生活の一部であったため、家族の環境は芸術家としての小さなウルマンシュの発展に影響を与えました。彼の祖父は染色家として生計を立てていた。10歳の時、バキは上手に絵を描く方法を学ぶためにカザンにやって来ましたが、マドラサでは絵が教えられておらず、当時のタタール美術学校の扉は事実上閉鎖されていました。バキ・ウルマンシュは国中をたくさん旅し、多くの職業に挑戦しました。
カザンギャラリーで彼の作品展が開催されました!✨ホールを歩きながら絵画を見ました。 それらは、サンクトペテルブルクエルミタージュ美術館やトレチャコフ美術館の絵画に決して劣っていませんでした。 素晴らしい絵画、タタールの服、文化が芸術作品を通して伝えられました。

タタールスタンの歴史の別の博物館(アディリャからのおすすめ)では、子供たちがカザンの学校やマドラサでどのように勉強したかを見ることができます。カザンは常に大都市であり、すべてのタタール人がこの地域を熱望していました。この街は多くの人にとって夢でしたが、今でもそうですね。

知らなかったかもしれませんが、タタール語は以前はアラビア文字で書かれていましたが、後にすべてがキリル文字に変更されました。ただし、タタール語にはロシア語のアルファベットではない独自の文字があります。したがって、教育委員会でアラビア文字を見ることができます(しかし実際には当時のタタール語です)。

タタールスタン歴史博物館では、古代のアクセサリー、家具、カザンのミニチュアも見ることができます。
これらの美術館には、かつて身につけていた曽祖母のジュエリーがあります。すごいですね!❤️

最後までよんでいただいてありがとうございます!また会いましょうか☺️❤️

ぜひシェアしてください!!

ロシア連邦タタールスタン共和国

動画クリエイター
🇷🇺🦢 @nichiro.seinen

📖 こちらもご覧ください

📰 記事

ウラジオストクチャンネル/

ハバロフスクチャンネル

🇷🇺👩‍🍳 ロシアの味

📺 YouTube

🗓 イベントスケジュール